主婦Kikuさん【必要な物は自分で稼いで買う】

今回は副業コンサルとして運営させて頂いた「ポータブルスキルトレーニング」スキルとして持つ副業スクールの参加者と音声対談をさせて頂いたのでご紹介させて頂きます。今回のゲストは専業主婦のKikuさんです。

Kikuさん(40代)月商50万
専業主婦・静岡
研修期間:3ヵ月

 

研修内容

・物販コンサル全般(オンライン)

・旦那さんと協力していく副業

当時、本の転売をされていましたが、売上管理が出来ておらず、実際利益が出ているかも分からない状態でした。

 

そんなKikuさんが、現在月商50万(月利25万)を安定して稼ぎ、更に今後売上が上がる見込みがあるという事で、どのような方法で稼ぎ、どのような方法で安定した収益を上げられているのか聞いていきたいと思います。

又、今回は主婦としてお金に対する考えや思いも聞かせて頂きましたので、ぜひ参考にされてみてください。

Unknown Track - Unknown Artist
00:00 / 00:00

Kikuさん【子供と遊びながら25万稼ぐ】MP3

Unknown Track - Unknown Artist
00:00 / 00:00

Kikuさん【必要な物は自分で稼いで買う】MP3

研修前はどのような状況でしたか?

✓売上がいくら出ているか分からなかった

出会った当時、別のスクールで習った本の転売を実践してるものの

「実際いくらか利益が出ているか分からない」

「スクールでもしっかり教われていない」

こうい方は少なくありません。

丁寧なサポートときちんとした売上管理まで教えてくれるスクールも多くはないのだと思います。

私も実際に銀行や行政書士との折衝などで使った「自動売上管理ツール」を無料でお配りしてますので、ご希望の方はこちらからお問い合わせください

売上管理ツールを受け取る↗

 

先ず行った事

①本の転売の利益を確認してみる

本の転売は薄利多売スタイルのため、実際売上管理をしていくとかなり大変です。ましてや今回は、ゼロから集計しなければなりません。

そこで実践して貰ったのは「アルバイトとして友達に集計を頼む」です

良く転売で陥りがちなのは、全て自分でやり、全て利益にしようとして、結果手が回らなったり、エネルギーを使いすぎて疲れてしまうパターンです。

これは、売上管理だけによらず、リサーチ/仕入/出品/配送、全てにおいて言える事です。

例えばKikuさんの場合、10万の利益が正しいとすれば

・利益10万/月 - 売上集計代1万/月 = 9万/月

売上管理は意外と面倒でストレスですが、これを人に頼んで他の事を考えたり手を回せるなら1万なら友達に頼んでみるものです。アルバイトする側も内容的に嬉しいものです。

又、今回は本の転売とは別に「ヤフオク転売」を覚えて頂きました。

こちらについても、旦那様に協力依頼をし、負担を減らす事で結果、本と家電で合計25万の利益を出す事ができ、更に売上が上がる見込みです。

Kikuさんから頂いた実際のコメント

仕入れから販売まで永遠に自分でやらなければならないのかと思うと、正直やる気が出なくて、気が進まなかったけれど、『人に降ること』『自分でやらなくても良いところ』を知ることができました。


まずは一番身近な家族を巻き込もう、という概念は、今までの私には無かったことでしたが、実際今は主人の方が仕入れに凝っていて、しかも目の付け所などが私と違い、仕入れ対象の幅が広がりました。


また、最近はモノレートや料金シミュレータの見方なども覚え、自分で仕入れしてくれてます 笑

本音声では具体的にはお伝えしていないヤフオク仕入について

「ポータブルスキルトレーニング」で実際に使われたらライブ動画など、仕入の基礎教材をお配りしております。

ご希望の方はお気軽にお問合せ頂ければと思います。

Kikuさんよりメッセージ

収入の柱は、いくつあっても良いと思います。転売というのはやり方さえ間違わなければ確実に収入が出るものなので、知っておいて損は無いと思います。


また、こちらのコースでは、個人がずっと転売をやり続けるのではなく、その先を見せてくれるので、転売を手段と考える方にオススメします。
また、講師の方が基本的に全て肯定して下さるので、自分のペースで自分のやりかたで、進めていけます。

 

これまである程度物販をやってこられた方は、自分のやり方にプラスしたり、省いたりしながら、実績を積んでいけるのでは、と思いますよ。

------------------------------

 

今後、月利50万へ向けて取り組みに力を入れていくとの事でしたので、僕も全力でサポートしていきたいと思います。

今回の内容が皆さんにとって少しでも役立て頂ければ幸いです。

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

三澤​