Module1

■ビジョンワークとは?ビジョンワークの具体的な定義

ビジョンワークをすると、現在が変わっていきます

こちらでは、ビジョンワークの重要性と、具体的なワーク方法、そしてビジョンワークをする事で現実がどう変わるのかをお伝えてしていきます。

良く「理想のビジョンを描け!」「組織のビジョン」なんて良く耳にしますが、理想のビジョンとはどんなものなのでしょうか?

理想のビジョンとは、目には見えないために現実離れたした空想や幻想にちかい存在と思われがちです。

しかし、その空想や幻想と思った事を現実とする事は可能なのです。

あなたは弱小バスケットボール部に入部したとします。

コーチは入部早々、みんなにこう言います。

「3年後の全国大会で優勝するぞ!」

そのバスケ部は予選すら通過した事はありません。

でも、バスケ部に入部した人達の中には、心の中で「全国に行けたら嬉しいな、優勝できたら最高だな

その「できたら最高だな」を現実にするための第1歩として、その思いを解放をする事から始めます。

もし、コーチが

「来月の予選に出るから、1試合くらいは勝てるといいな」

と言っていたらどうなったでしょうか?

弱小チームに入部した人達は、とりあえずその試合で効率良くチームがなんとか回るレベルの練習をします。

もしかしたら、誰がどのポジションを取るか?でモメてしまうかもしれません。

もしかしたら、自らが点を入れようと思って、自分の事ばかり考えた行動に出てしまうかもしれません。

もしかしたら、応援にはいつも通り誰も来てくれないかもしれなせん。
 

そして

生徒達にとって空想や幻想の夢物語として終わっていたでしょう。

これが彼らにとっての最高でしょうか?

「できたら最高だな」を目指す者達であればどのように考え、行動するでしょうか?

最高な彼らであれば

今、自分達に本当に必要な練習(行動)はいったい何なのか?どう考えるべきか?を考えるでしょう。

ポジションも練習やミーティングを通じて適正を見ていくでしょう。時には自分でなく相手に譲る場合もあります。

チームで点を上げていくため、チームで勝つために、どのようなフォーメーションで誰に打たせるかを決めるでしょう。

全国を目指す熱い気持ちをもっていれば、少しずつ応援してくれる人が増えてくるでしょう。

理想のビジョンワークとは、その人そのものを変え、現実を変えていくためのものなのです。

まずは「最高の自分の姿」をノートに書き出してみよう!

目の前の現実を変えていきたいのなら、どんな事に対しても「理想のビジョン」を考え、文字に書き、話していこう!

NEXT ビジョンワークの基本法則1

時間感覚を変える事で「目の前の焦りや不安から解消される」